日本語教師会、中国帰国者支援、障がい者支援、傾聴カフェ、バザー、阪神淡路大震災救援活動等。

大阪YWCA
JAPANESE ENGLISH
TOP PAGE YWCAについて Q&A お問い合せ 交通アクセス サイトマップ
イベントカレンダー 女性支援 子ども・子育て 平和と環境 リーダーシップ養成 国際交流 その他活動
TOP PAGE > その他活動 > 障がい者支援 > 特別支援学校の生徒・保護者への支援事業
その他活動
その他活動トップ
日本語教師会
中国帰国者支援
障がい者支援
傾聴カフェ ラベンダー
バザー
阪神淡路大震災救援活動
その他
ボランティア募集
支援のお願い
会員になる
障がい者支援
特別支援学校の生徒・保護者への支援事業
(2017年度独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業)

事業名
特別支援学校の生徒・保護者への支援事業

実施期間
2017年6月9日(金)〜2018年3月8日(金)

活動をはじめた経緯(団体の沿革)
設立当初より女性の自立のため、働く女性のための寄宿舎や日本初の夜間女学校を開設。女性の職業訓練やリーダーシップ養成にも早くから着手し、女性の自立と成長のサポート、ボランティア育成や日本語教育、青少年育成、社会福祉活動、平和や環境問題、国際理解と国際協力、人権擁護などのために活動している。
障がい者分野では、1981年に「ことばの学校」を開設。当時、公的機関では発達検査は行っても、治療期間は最長で2年間しか実施できなかったものを最長9年間、定期的な療育・治療・観察・指導を実施。同年、児童書専門の「点字子ども図書室」、知的障がいのある女性のための余暇活動「グループ・パレット」、視覚障がい者のための音訳活動、生花教室などを実施している。また2016年度より、就職をめざす特別支援学校等に通う女子生徒を対象に、就労を目標とする社会生活技能訓練(ソーシャル・スキル・トレーニング)を開始した。

概要
「特別な支援を必要とする子どもと保護者のライフプランを見据えて包括的に支援する」ことを目的に、「特別支援学校高等部等の子どものためのソーシャル・スキル・トレーニング(SST)合宿と、個々の家庭に寄り添ったケースカンファレンスを通してライフプランを考えることを個別支援する。また、この包括的支援の重要性を啓発するために学校や関係機関・支援者にむけて講演会と地域ボランティア養成講座を実施する。

事業内容
◆連絡協議会の実施

  1. 啓発講演会
    「特別な支援を必要とする子ども・若者のホリスティック・ケアとは?〜就労を軸にライフプランを具現化する〜」
  2. SSTプログラムと合宿(1泊2日)
    「ガールズSST(ソーシャルスキルトレーニング)プログラム」
  3. ケースカンファレンス
    「生きづらさ、特性、障がいを抱えた10代、20代の 自立・就労応援プログラム〜親と本人の相談事業〜」
  4. 地域支援者養成講座
    「生きづらさを抱える子ども・若者への地域支援者養成講座」

事業報告書[7.38MB]
ページトップ
お問い合せ先
大阪YWCA
[住所]〒530-0026 大阪市北区神山町11-12
[TEL]06-6361-0838(代表)
[FAX]06-6361-2997
[受付時間] 月曜9:00〜18:00 火曜〜金曜9:00〜21:00 土曜9:00〜17:00(日・祝 休み)
│ イベントカレンダー │ 女性支援 │ 子ども・子育て │ 平和と環境 │ リーダーシップ養成 │ 国際交流 │ その他活動 │
│ お問い合せ │ リンク │ プライバシーポリシー │ 特定商取引に関する法律に基づく表示 │ 日本YWCA │ 大阪YWCA専門学校 │
公益財団法人 大阪YWCA : 〒530-0026 大阪市北区神山町11-12 TEL. 06-6361-0838 FAX : 06-6361-2997 MAIL : info@osaka.ywca.or.jp
Copyright (C) 2007 Osaka YWCA. All Rights Reserved.